非認知能力を育てたい

こんばんは。

9月に入り、幼稚園では運動会の準備が始まっています。

私たちが通う未就園児教室でもダンスの練習をしています☺️

親子で踊って、子どもの楽しい思い出になればいいなと思います😊

 

 

 ところで・・・。

息子が生まれてから、どのように育てたらいいのか本を読んで勉強しています。

(みなさんそうですよね😅)

特に影響を受けた本が『学力の経済学』です。

 

 

他の幼児教育に関する本でも頻繁に目にする言葉。

『非認知能力』の重要性。

非認知能力とは、意欲・協調性・粘り強さ・忍耐力・計画性・他人との関わり方・・・などの力です。

 

 

今、この力(非認知能力)が世界で注目されています。

非認知能力がその後の収入や学歴など、将来の社会的成功に大きく影響すると言われています。

その非認知能力を育てるのに、子どもの興味があることを、とことんやらせてあげることや、小さい時からたくさんの人と関わる機会を持たせる・・・などがあります。

 

 

未就園児教室でも非認知能力のお話があり、学習指導要領で『非認知能力』に関係する項目が多くあると言われました。

幼稚園ではたくさんのお友達と過ごし、遊んだり、協力したり、ケンカしたりして過ごしますよね。

ケンカして自分の意見を言う、お友達の意見を聞く、相手の気持ちを考える、どうやって解決するか考える・・・。

それが子どもにとって、とても重要だそうです。

 

 

息子を3歳までは家で面倒をみていこう!!と主人とも最初は話をしていましたが、本を読んだりしているうちに、家で私といるよりも、少し早いけど、幼稚園に入れて様々な経験・体験をさせることにしようと考えが変わっていました。

 

 

と言うことで早速願書をもらってきました😎

でもやっぱり私立の幼稚園だからか?学費が高いです😓

でも可愛い息子のためです。

パパとママ頑張ります😂

 

 

4月から幼稚園に行くと考えると、平日一緒にいられる時間はあと7ヶ月。

毎日本当に疲れるし、イライラすることもあるけど、今しか一緒にいられないと思うと寂しいですね。やっぱり。

たくさんお出かけしなくちゃ!!

 

 

『学力の経済学』、まだ読んでないパパさん、ママさんにぜひ読んで欲しい本です。

面白くてあっという間に読めちゃいます!

 

 

 

「学力」の経済学-中室-牧子